住宅のスペシャリストとして、人生の中で最大の買い物とも言われるマイホーム購入をサポートする翔レジデンスカン
パニー。どのような想いで、どのような仕事をしているのか、先輩達の仕事観や人生観をのぞいてみました。

メンバーをまとめ、
会社の業績を上げる

取締役部長として、現場での販売にも積極的に関わっていく丹野。丹野は法学部を卒業してから長年にわたり不動産事業に関わる。翔レジデンスカンパニー創業時から社長の右腕として活躍。現在は、営業社員をまとめ、社員の育成と会社の業績向上の2軸でのミッションで重要な役割を担っている。「甘やかすのとは違う、厳格なだけではない、愛を持って教える」そんな言葉が印象的。

<物件の企画立案>

クライアントであるディベロッパーからの相談に応じ、事業として成り立つ物件を開発するための企画立案に携わります。最前線でお客様に触れ、マーケットを知り尽くしたからこそできる、市場で求められている「売れる物件づくり」を心がけています。販売状況や実績、今後の展望をリアルタイムで分析し、物件開発や販売企画にも役立てています。

<販売・接客>

マンションの販売・接客も行いながら、若手メンバーへの指導・教育も担います。自分が企画から担当した物件では、企画背景や市場動向など、その物件の価値を誰よりも把握しているので、いかに販売につなげていくのか営業シナリオについても戦略を練ります。上下の立場関係なく、コミュニケーションを大切にして、会社全体の売上向上を目指します。

大きな仕事、責任ある仕事に取り組めるのが魅力。数十億円というプロジェクトを自分の思う方向に動かすことも
できます。自分が思い描いたシナリオが実現する醍醐味を味わえる、そんな仕事です。 また、社員たちと一丸と
なって販売を担っていますので、販売現場での社員育成にも力を注いでいます。以前、全 12 区画の戸建て販売を
した時も、ネックが出そうな区画とそうでない区画を明確にし、メンバーみんなが焦りを持たずに、自信をもって
販売できるよう戦略的な販売を実践しました。顧客の購買意欲を向上させる施策や、現地での案内の演出など、
様々な方法でメンバー全員が一皮むけて成長するきっかけとなりました。クライアント側でも成功した事例として
大きな評価をされたケースですが、このように日々みんなの成長と会社の成長を実感できる動きを作っています。